会長の時間 | 直方ロータリークラブ

会長の時間2024年2月22日

こんにちは。来週には IM を控えて、金子ガバナー補佐エレクトはウキウキされていることと思いますが、準備は大丈夫でしょうか。今度の IM は皆さんも何をした、どんな感じやったとしっかり記憶してください。来年に向けてスタートになります。本日は地区国際委員会委員長にもお越しいただきまして、ありがとうございます。本当にパワフルな白川さんで、一度お会いしたら忘れることができないくらいの元気な方です。この後のお話を楽しみにしております。
さて、本日は会長に時間を使いまして、大変悩んでることを皆さんに相談したく思います。それは青少年奉仕委員会の小学生卒業記念俳句集で、今日も締め切りで行っていますが、特別賞の選出についてです。皆さんお気づきになられた方いらっしゃいますか?
そうそれです。LGBT 法案やジェンダー差別に、それらの固定観念を強調する表現としていかがということです。小学校の生徒が自分なりに思い出を募り、日本古来の表現様式で感受性や世界観をもって情景や感情が伝わる立派な一句だと思います。
私はこの句は個人的であって、教室で先生や教育委員会を通してとしても誰もハラスメントの立場から選定などせずに期限までに集めて、先生によってよい句としてここまで来ていると思います。だがここからです。ロータリークラブの特別賞にかなった場合、私たちは、純粋にお披露目とロータリー特別賞として披露することがどのような影響を与えるかというところです。今後も何か意見があって、教育委員会が共催を閉ざしたり、俳句集がこれからできないことになるのは、と考えることもできます。私はそうなれば仕方ないと思っていますがどうでしょう。
なぜならば元来の俳句や日本文化で強調した情景や感情には個人的な人間性よりも抽象的な「らしさ」を強調することで万人に伝わる所作や観念が土台にあると思うからです。
ですので、この句をクラブが選び、賞としてた自体の批判を浴びることは反省はするも今後の青少年の事業の趣旨には何ら影響はないと信じています。手段を変えることもできます。
もっと怖いのは本人への批判です。想像してみてください。どうすべきでしょうか。
様々に社会環境や法案などが新しくできていきます、会員の皆さんの生業でもこの変化に対応したり、しなかったり、他に多様な意思や意見があります。これがクラブのいいところと思っています。私たちも変化に最適に合わせたり、先頭を行くべきです。ただ、これに関してはクラブのリスクなどより協力していただいてる本来は受益者であるべき方に向く批判はおこるでしょうか、また、その批判を回避できるクラブの決定ができるのかを迷っています。

会長の時間2024年2月8日

先週には68 期の理事会が開催されました何より順調に進んでいけるように心より邁進します。
68期には当クラブがホストクラブとなって2700地区の第3 グループのIM を開催します。特に大事な期となります。その実感が68 期の理事会で湧くことは、私の会長期が終わりに近づいたことでもあり、いささか寂しいです。この直方ロータリークラブの会長に推挙され任命されたことは人生の中でも一度しかないと思っています、(あってほしい)ですので、2 月となって残り5か月を一段とギアを上げて最終コーナーへと向かっていきたいと思っています。ここまででものぼり坂、下り坂はありましたが何とか「まさか」だけは回避したく思っています。
さて、今月のインターシティミーティングですがかってはIGF(インターシティ・ジェネラル・フォーラム)やICGF(インターシティ・アンド・クラブ・ジェネラル・フォーラム)と呼ばれていた地区行事でしたが1969 年のRI 理事会決議で正式行事から除外されております。その後にIM と呼称変更されて今となっています。1988 年以降のロータリー手続き要覧、標準クラブ定款からIM に関する記載はありません、誰が主催するか、開催するかとなるとガバナーの自由裁量権によっています。近隣クラブが共通のテーマで語り合い、ロータリアンが各々の知識や親睦の輪を広げる意義の場を目標としています。ですのでほとんどのIM はフォーラムと懇親会がセットになっている形式がとられています。
と、先週のクラブ協議会などロータリーの用語や意味する会話がなかなか新会員の方には理解が難しいと思います。
私も、会長になる前にいろいろ読み漁ってなんとなく理解できるようになりました。ロータリー情報委員会にもクラブ協議会でお願いをさせて頂きましたがロータリーに関してのオリエンテーションンを入会間もない会員にむけてやってほしいと。
ただ、全部ではありません。今日のIM だとか第3 グループとかの用語などはこの会員必携に地区から説明してありますし、掲載してあります。勿論直方クラブの会員の情報も詳しく載っています。ですのでこの辺の基本情報といわれることはインターネットなどでも手に入りますので基本的には皆さんが自主的に取り組むことです。
しかし、ロータリーの目的や理念などについて議論と知見を広め、自身にどう生かすかなどは全体でのロータリー情報として、1 度などのミーティングでなかなか身には付きません、クラブに入っての奉仕活動を通じて実感できるものです。
この辺の例や内容を現実的に自身の経験を通して表していただけるようにクラブでも高潔性と中核的価値観の代表といわれる方をロータリー情報委員長になっていただいております。ですので、できるだけオリエンテーションでは新会員さんからの質問あふれるミーティングにして下さい。積極的にロータリーは理解と実践を行わないともったいないです。
わからないのは当たり前です。教えてもらうことを待ってるだけではもったいないのです。聞くことが親睦の第1 歩にもなり皆さんとクラブの奉仕の理想が高まっていくことになります。
私たちは奉仕の実践をする会員です。積極的に学びましょう。で、IMに参加しましょう!

会長の時間2024年2月1日

そろそろいろんな新年会等も落ち着いて、皆さん方も今年度に取り組みたいことや新しく行いたいことが動き始めたころではないでしょうか。毎年思いますがとは言いつつもう1 月は終わっていくのです。
今月は職業奉仕月間です。前回のフォーラムでも会員の方がた、それぞれの職業奉仕についての考え方があるようです、私自身も今期は会長としてお話をさせて頂く機会も多く、私なりの職業奉仕、といってもロータリーで気づかされることを基に自身の考えを述べています。その中でも、やはり数ある奉仕団体や異業種交流団体などと一線を引くのがこの職業を通じての自身の成熟とクラブ・会員同士の成長、そして地域・社会の救済と発展につながることは大事だと思っています。それを私は信条にしようとしています。古典的ロータリーといわれる時代や現代でも最終的にみずからの職業や日々の生計活動の成果が社会の救済と発展につながることであれば途中はどうでもよいと思っています。人それぞれのやり方や考え方がありますから。ただ、腐敗や不正などに至らず、またモチベーションと目標を高めるためにロータリークラブの中核的価値観や会員としての「らしさ」に沿うことでその可能性を高める、これがロータリークラブなのかなと思っています。
これまでの話し方で~だと思いますや、~です。このことは大きな違いがあると教えて頂いたことがあります。北九州市立大学でMBA を取得する際に何度も講義を受けた名誉教授であった斎藤教授です。「藤永さんは社会人で経営者、つまり意思決定をされる立場ですよね。日頃は私は学生たちにはあまり言わないのですが、一般的な現象や事象については憶測ではあってはいけないので~だと思いましょう。す。という表現はよくわかりますが、ご自身の考えや、意思は~です。とはっきりされたらどうですか。」といわれました。なるほどと気づかされました。でないと会議でも議論も深くなりませんし、もちろん自分の意思もやり遂げなくてもよい言い訳になりますよ。自分の意思ははっきり肯定して放ちましょう。今の政治家などははっきり言いませんよね。ともいわれました。
そのことを今でも教訓としています。ですのでいろんな場で話をする際には気を付けるようにしています。
私は藤永会長を支えていきたいと思います。と私は藤永会長を支えます。 もう全然違うじゃないですか。言葉を発してそれが現実になることもあります。躊躇されている時こそやってみましょう、皆さんも一度気を付けて自身の言葉に「思います」を使ってないか考えてみてはいかがでしょうか?
本日はアッセンブリとなっています。良い機会ですので本日は自身の意思には「です」「します」で言い切ってみてください。

会長の時間2024年1月25日

先週の新年家族会ではありがとうございました。
本当に震災や事故にあわれました皆様には謹んでお悔やみを申し上げます。心身ともにずっとつらい中で、新年を過ごされているご関係者の方々にもお見舞いを申し上げる所存です。
年末のダイハツ自動車の不正問題から政党派閥へのパーティ券のキックバックなどの政治資金規正法違反での裏金などひどい状況です。なのに日経平均株価は35,000 円を超えるなど、何をどう理解するのか、どの感情で居ればよいのか本当にわかりません。
ダイハツの不正登録についての話ですが、私の会社はダイハツ関係の売上が約6 割あります。それが多分3月まで0 になります。その間の保証とかは現在調査が来ています。確かにありがたいのですが、それでいいのでしょうかと考えます。
その物質的な担保や費用は補填がきいていきますが、それよりも大事なことがあると感じています。それは私たち日本人のモラルと社会全体に対してのコモンセンスつまり常識ある行動の回復です。130 件に及ぶ不正とすべての車種におおよそ30 年も前から行われていたとして相当な処分は3 車種にての型式取り消しです。これはどういうことか、車検がもう受けれなくなります。つまり乗れません。それらも補填や賠償があると思いますが、この大きな人災は多くの人の信頼と社会通念を揺るがしました。これには賠償方法もなく、ここで私たちの常識やモラルとの乖離を見極め、誰が回復していくのでしょうか?今を生きる私たちに試練と実践が求められることでしょう。
芸能界をはじめとする性加害も社会的なモラルや常識もなく、政党政治の派閥の力関係は政治献金のキックバックなどのサイクルを通して常識として当事者の世界を持続的に維持するための暗黙の常識となり度を超えて堂々と行われています。我々には非常識のアンモラルです。これらから生まれる成果物が決して正しいことではありませんし、すべての子供達にはまねをさせたくないものです。もしかして、私たちは信頼と常識を揺るがす問題に気づかない、又は関係ないこととして処理する能力にたけた市民になっていないでしょうか、私たちにできることは限られているし、実際には何もできない、声を上げるだけで終わる、常識や守るべきモラルは絵に描いたきれいごとになりつつあるのかもしれません。
そうして社会を導く責任をだれも負わなくなっているのでしょうか、常識は職業や地域では少しの差があるにせよ、職業人としてまた、ロータリアンとしての中核的価値観では触れたり考えなくてよい問題でしょうか?昨今の問題を私たちが実践しようとする4 つのテストに照らしてみるとどうですか?文化と経済の形成において世界での日本人らしさといわれるものとは不変であり、すばらしいと思って生きています。
世界でもあこがれるべき国民として誇りたいと思っています。そのためには私は不正とうそをつくようなメーカ―との取引をやめたほうが良いのでしょうか、売り上げが半減してもすべきでしょうか?皆さんはどうされますか?決議23‐34 をどう理解するかを悩んでおります。
会長の時間にて辛辣な言葉を用いましたことをお詫び申し上げます。

会長の時間2024年1月18日

皆さんあけましておめでとうございます。

そうは申しても、未だに受け入れがたい惨状や事実に時間が止まっておられる方々や被災や悲しみの底に付していらっしゃる方々をこの地からですがお悔やみとお見舞いを申し上げることしかできません。

このように友達や家族とにぎやかに新年の場を過ごす事さえできない方と私たちの違いは何でしょうか、本当に運命とはを考える正月を過ごしました。
皆様方も、心より喜んだ正月ではなかったと思います。

ただ、本日も皆さんと 2024 年を力強く頑張る機会を私たちは与えられたと肝に銘じ、生業に精進すること、その幸せを感じることを 1 年の計として教わりましょう。

今年から新しい仲間として八尋さんが入会していただいております。
お酒がとってもお強いとしか伺 っておりませんが、先輩の方々からご挨拶のほどよろしくお願いいたします。

心からはお祝いできませんが、悲しみなど、このような時にこのようなことを心から話せる仲間としてのロータリーでもあります。
最後までよろしくお願いいたします。

会長の時間2024年1月11日

皆さんこんにちは
本日は、例会場を急に変更しまして、親睦員会をはじめご迷惑をおかけしました。
先週のロータリーゴルフでも寒かったのですが、本日の予報も低温注意報や積雪に関する注意が行われていまして、もし西カンがクローズになったりしますと例会場が使えなくなり、大事な年次総会が開催されないとなると大ごとになりますので変更させていただきました。
急な変更にご協力いただきまして誠にありがとうございます。

何事も早めに考えることの大切さと判断を特に会長になって考えるようになりました。
会社であれば社長の私が決めたんだからいいじゃないかですが、ここは皆さんの合意が一番のところです。
最近はこの合意ということ、その前提には自身の考え、その前提には自身の目標や理想、その前提には共有する課題が明確であること。
この重要性を特に感じます。
昨今のニュースになっていることはトップがそのことを欠落していることが大きな要因で、更には組織の構成も欠落しており、つまり、なぜ・何のためにわたしはいるのか?を発揮させていない事です。
持続的に継続的に良くない状況が続く、そして自浄作用がないまま大きな問題を結果として残しているということです。
特に大きな組織ではトップの期待していることを組織の構成員が伝わらないまま進んでいることが多いようです。
トップに認められるということはだれにも大事で仕事の一つではあると思いますが、それを気に入られることとを大事にして組織が全体ですすむことは大きな間違いのように見えます。
そのことに気づいたならば組織や構成の一員でも改善を試みる、また慣習やなれ合いに組織の目的と成果に疑問を抱いたなら迷わず行動する。
このことの例を聞ける機会が昨日 2 回在りました。
悪い例が、大熊支店長の話です。
いや、大きな組織の話でトップの言葉に反射して行動をとりがちで飛躍的な行動よりトップによった行動になりがちということ。
そして夜には水巻町の美浦町長と会食をしました。
これは今年の 3 月の寒い夜遅くにもう代行で帰ろうとして車に乗り込もうとしていたら、おじさん 2 人が横断歩道で行ったり来たりしてまして、よく見ると直方市長でした、送っていこうとしたもう一方が美浦さんでした。
水巻まで遠かったですが。
それから、お礼をということで昨日実現しまして、直方でごちそうになりました。
義理と川筋の 気質を十分に教えていただきました。
その美浦町長からは初めての選挙となった町村会長選挙のいきさつや現在のこと(新聞や報道ではされていない)を聞かせていただきました。
先ほどの迷わず行動する話です「おかしいと思ったら、それもみんなのためにおかしいと思ったらやるんよ」内容は衝撃過ぎてここでは申せませんが、本当に勉強になりました。

これから年次総会ですが、これだけは議長の意向の沿った進行をお願いします。
決して皆様の意向やクラブの目的に間違ってはないと自負しておりますので。

会長の時間2023年12月21日

皆さんこんばんは本日は、クリスマス例会として開催されます。
親睦委員会の皆様、毎回準備をありがとうございます。
先週にお話ししました、RLI や会長エレクト研修などで他のクラブでの面白い取り組みを見聞した中でこのクリスマス例会もありました。
他のクラブは家族やお孫さんを連れて参加する家族例会のような形をとっているクラブもあります。
中々面白い取り組みでしたので新しいいアイディアとして、また夜間例会を増やして昼間の時間がなかなかさけないメンバーのためとお願いしたところクラブ奉仕委員長はじめ、親睦委員会の皆様にはこころよく、いろいろ気になされずにすんなり、わだかまりもなく、反対も押し切って、開催していただき、戸倉委員長、本当にありがとうございました。
すでに戸倉委員長におかれましては理事会の議案において食事代の算入と会費徴収の仕分けが完璧にできております。
ことを付け加えまして報告申し上げます。
今日は楽しんでいきたく思います。
また、冬休みが近くなりまして、青少年委員会の植村委員長は市内11 学校にて「俳句」の応募用紙を配布されております、来年の1 月12 日を締め切りに各学校からデータで提出がされるように段取りされています。
ここで今までと少し違ってきているのがそのデータを一時直方市教育委員会、学校教育課で取りまとめるようになりました。
これは植村委員長はじめ歴年の青少年員会の皆様の努力により行政も動き始めたことになります。
植村委員長は産官学の連携した事業と申し上げておりましたが、その通りの結果ですばらしいことです。
私はさらにロータリークラブの奉仕活動として会員やクラブの地域性や課題を解決する、また必要なアイディアを発揮して、関係機関を巻き込んだ、持続的な活動となるすばらしい奉仕活動の見本のような事業であると感激しています。
このような事業を準備と拡大していためにも財団の補助金や前もっての準備のためにも長期計画委員会を今期中に活動させます。
本日は大石内蔵助の忠臣蔵討ち入りの日でもございます。
私からのクリスマスプレゼントとして豊浦さんにお願いをしておりますの皆さんこんばんは本日は、クリスマス例会として開催されます。
親睦委員会の皆様、毎回準備をありがとうございます。
先週にお話ししました、RLI や会長エレクト研修などで他のクラブでの面白い取り組みを見聞した中でこのクリスマス例会もありました。
他のクラブは家族やお孫さんを連れて参加する家族例会のような形をとっているクラブもあります。
中々面白い取り組みでしたので新しいいアイディアとして、また夜間例会を増やして昼間の時間がなかなかさけないメンバーのためとお願いしたところクラブ奉仕委員長はじめ、親睦委員会の皆様にはこころよく、いろいろ気になされずにすんなり、わだかまりもなく、反対も押し切って、開催していただき、戸倉委員長、本当にありがとうございました。
すでに戸倉委員長におかれましては理事会の議案において食事代の算入と会費徴収の仕分けが完璧にできております。
ことを付け加えまして報告申し上げます。
今日は楽しんでいきたく思います。
また、冬休みが近くなりまして、青少年委員会の植村委員長は市内11 学校にて「俳句」の応募用紙を配布されております、来年の1 月12 日を締め切りに各学校からデータで提出がされるように段取りされています。
ここで今までと少し違ってきているのがそのデータを一時直方市教育委員会、学校教育課で取りまとめるようになりました。
これは植村委員長はじめ歴年の青少年員会の皆様の努力により行政も動き始めたことになります。
植村委員長は産官学の連携した事業と申し上げておりましたが、その通りの結果ですばらしいことです。
私はさらにロータリークラブの奉仕活動として会員やクラブの地域性や課題を解決する、また必要なアイディアを発揮して、関係機関を巻き込んだ、持続的な活動となるすばらしい奉仕活動の見本のような事業であると感激しています。
このような事業を準備と拡大していためにも財団の補助金や前もっての準備のためにも長期計画委員会を今期中に活動させます。
本日は大石内蔵助の忠臣蔵討ち入りの日でもございます。
私からのクリスマスプレゼントとして豊浦さんにお願いをしておりますので、皆様本日のクリスマス例会を楽しみましょう。

会長の時間2023年12月14日

皆さんこんにちは。
師走となりました。
あっという間に今年も終わりに近づき、クラブでは折り返しの月です、まだ、早いですが本日にはパスト会長会にて会長ノミニ―候補、(次の次の会長です)今が67 期ですので69 期の会長がこの間の投票の結果によって上がってまいりまして、順調にいけば今月の23 日の年次総会で決定します、同時に次年度68 期の理事も承認される予定まで進んでおります。
そして1 月と2 月には68 期の石田会長や安部幹事、そして金子ガバナー補佐は3 回開催されるRLI の研修に参加してロータリーの事全般を勉強する機会を持ちます。
そのころにはいろんな次期地区委員会も活動を開始して68 期の理事の皆さんは地区委員会への出席義務をもって参加をするようになります。
3 月9 日、10 日にはまた、会長エレクト研修セミナーPETS と呼ばれるものが2日間ありまして、ここで2700 地区のガバナーが次期RI 会長のテーマの解釈と研修されてこられて2700 地区のテーマと一緒に発表をされます。
ですので、次期石田クラブ会長はガバナーやガバナー補佐とあって意欲を高めて、協力関係を築くことが重要です。
ですのでこの研修会の欠席は許されません。
きっと金子ガバナー補佐が許しません。
この間にも第3 グループ金子ガバナー補佐はガバナー、地区幹事などと24~25 期の地区運営やスケジュールの作成など大忙しと思います。
そして、RLI やPETS,などを通して次期石田クラブ会長はすばらしい人格とロータリアンに磨きをかけて頑張られると思います、同時に多くの会長エレクトと友人関係やロータリアンとしての多くの仲間を他クラブでもみつけると思います。
私もこの時期にいろんな会長エレクトと会議や懇親会を共にしてクラブ外でのロータリアンの考え方や他クラブの運営、例会の内容とか事業などを聞いて見聞が拡がったものです。
えーっ、そんなに少ない例会数で。
そんなに趣味の会があるんですか。
とか当たり前と思っていたことが各クラブで違っていることを知ることがあります。
良いと思うことは取り入れてみようと勉強になるときですので、お願いいたします。
同じように68 期の理事の候補の皆さんは期が始まる前からの協力とクラブの各事業や奉仕活動に関する勉強を来年早々に心構えとして準備に入っていただければ本当にありがたく思います。
思えば私の1 年前はあわただしくクラブに関する準備は6 月まであっという間に進んだ記憶です。
まあ、その間にいろいろと頑張ってくれたのは藤田幹事ですが。
そのためにも安部幹事の取りまとめが早い段階で左右してくると思いますのでよろしくお願いいたします。
5 月には地区研修・協議会がありますのでクラブ内の各委員会と委員長は出席します。
そのためにもミッションとして4 月中に事業計画員会を開催し、68 期のクラブ内の事業と予算を確立することとなっています。
同時にその期間に先ほどのように会長や委員長が新しいことを取り入れようとする場合は根回しをする、ということが大切と私自身の反省とともにご理解をお願いいたします。
ですのでこれまでの流れでは意外と大事な時期はスタートの7 月前であること、そしてその間に少しでも委員会を行っていると全然違ってきますので、会員のみなさんも積極的に参加をお願いします、今期の大きな事業はあと少し残っていますが全員参加と全員協力で、きっちり締めましょう。
また、早めに期の途中ですが長期計画委員会も立ち上げて、これはうちの委員会ではないよ、まだ先でとかの課題や事業の検討は行えるようにします。
この全員で事業を取り組むことの大切さを今一度気づいて、行動していきたいです。
私は何何委員会で委員長ではないからと事業をあまり気にしない会員ばかりではいけません、すべての事業は会員の全員の為でもあります。
皆さんのために委員会を開いて力を注いでくれていますので、全員参加が基本です。
前回も話しましたが、34 名中14 名がIM を初めてホスト体験します、全員協力で臨みましょう、その牽引役は歴の長い先輩会員です。

会長の時間2023年12月7日

皆さんこんにちは先々週にはなりますが、16 日の例会の夜には第3グループの会長幹事会が折尾で行われまして、参加してまいりました。
来年にIM を控えて、ガバナー補佐の岡橋さんはじめ、八幡ロータリークラブの皆さんも参加されて、クラブ会員全員出席の呼びかけに熱心な姿を目の当たりにしたのもあったのですが、懇親会の場所が沖縄料理屋さんでしてオリオンビールの生があって泡盛を含めた3 時間飲み放題と地元出身で三線の歌い手さんによる沖縄民謡ステージで盛り上がり、必ず直方クラブの全員出席をお約束をしてしまいましたのですみませんが、何卒よろしくお願いいたします。
しかし、次の期は私ども直方クラブがその運営ですから金子ガバナー補佐をはじめ実行委員会委員長の小森さんには指揮を執っていただいてIM の準備・立ち上げを八幡ロータリーのIM の場所でスタートさせるように一丸となって結束を作っていきましょう。
と、改めて痛感いたしました。
そして次の日には職業奉仕事業でした。
坂田委員長をはじめ参加者の皆さんありがとうございました。
本当に素晴らしい事業でした、詳しくは本日の委員会タイムで報告会があると思いますので内容は触れませんが、私は内容というより、準備や段取りにきちんと委員会を開かれていることが見えて本当にうれしい限りでした。
私が会長として、私の時に、私のために頑張ってくれた、とかは思ってもいません。
クラブの会員のためにこの事業を考えていることが感じられたことが会長として嬉しい限りだったのです。
坂井君や阿部君もそうですし、関屋さんを含む委員会メンバーの委員長を盛り立てていこうというまとまりが特にうらやましく思いました。
ですので大成功です。
そして、またよかったのがやはり夜です、たっぷりの時間をクラブの仲間といつもと違う場所で過ごすことは会員の人となりやロータリーとの個々の考えに触れる機会として、またプライベートに関する相談・雑談まで懇親と理解を深める場になります。
いろんな体験や経験を共有できる、会話の中から勉強できるいい機会でした。
ですので、もっと入会間もない方々の参加があればと少し感じています。
私思うにロータリーの事業は公共イメージとか定量的な成果、インパクトが大事と言われていますが、クラブにとって最も大事なことはそのプロセスでの信頼と協力、そして事業の目的や趣旨の理解だと思っています。
ですのでロータリーでの事業を行うことはこの2 つの事を通しての親睦と奉仕の体験が会員に行われていることです。
特に入会間もない会員にも事業には参加して親睦と理解を深めて、自分の経験と体験にしていくことが有益です、また同時に事業参加にも先ほどの夜の懇親のようにわかりやすく自身の考えや今までの体験を交えて、事業への理解と協力体制を育成して同調させていくことが先に経験した会員の責務です。
現在34 名中14 名、これ何の数字かおわかりになりますか。
直方クラブの中の数字です前回の直方クラブのホストのIM にまだ入会していない方です。
つまりはじめてのIM 主催をする会員数です。
ほぼ半分がはじめて第3 グループのIM を主催参加します。
「IMとは」の理解や目的、そして趣旨の理解と信頼と協力をじわじわと同調させていかなければです。

会長の時間2023年11月30日

皆さんこんにちは会長になって折り返しまではもう少しありますが、先日のガバナー公式訪問や今週には職業奉仕委員会事業が行われます。
各奉仕委員会での事業も理事会で承認を得られ、順調に進んでおります。
と、思っています。
いろいろと今までと変わったことをやりたい会長の私ですが、12 月の年次総会までの直方クラブの予定が本当に順調に行えたことは会員の皆様のご協力だと感謝申し上げる所存です。
本日は来年2 月17 日の第3 グループIM に関して岡橋ガバナー補佐はじめ八幡ロータリークラブよりキャラバンにお越しいただいております。
来年の今頃は金子ガバナー補佐が各クラブに出向いて直方クラブがホストするIM に来ていただけるような準備を始めなければなりません。
これからも忙しくなりますし、会員の皆様には、苦労ともいえばそうかもしれませんが、何とか楽しみながら残りの事業もIM の開催も成功できれば、うれしいことはありません。
その中で、直方クラブに会員自身が入ってよかった、入らなければわからんやった、やってみてよかった、ロータリーのこの辺が好き、自分が思うロータリーは、とかになればいいかなと願っております。
なぜならば、本日はこの後の理事会で新会員に関する議案があります、これは本当にありがたいことです。
そして一会員の時はなんとも感じなかったのですが、今会長として新会員を迎えるとするとき、緊張とプレッシャー(同じ意味ですよね)を抱えています。
それはこの直方クラブ、ロータリーがどのように思われていて、なぜなにを求めておられるのかを異常に気にするからです、公共イメージとかのような相手が抽象的なものではなく、そこにおられる方にはどのような印象なのかです。
そのことにいい加減に理解しては失礼ですし、期待にこたえなければと強く責任を感じています。
クラブ全体では無理かもしれませんがそのことを会長はすべてを理解し、見解をもって実践し、見本として見られているからです。
はっきり申し上げますが、わたくし勉強中でございます。
もしかしたら皆さんも勉強中でしょ?ということで大事なのは進んで学ぶ姿勢ということで。
そこで大切なのは私のスローガンにもあります、「気づこう」の部分でもあります、参加や親睦など同じ時間や会話、から生まれます。
どのように新会員や入会間もない会員に接するのか、みんな不安があれば、話し合っといたほうが良いのではと思っています。
本日は岡橋ガバナー補佐も来られていますので親睦タイムが取れれば是非ともご歓談をしてみてください。
では、早めに会長の時間を終わります。

« 前へ

お知らせ

2023.09.26

第3グループ国際奉仕委員会

2023年9月25日 北九州市八幡西区の千種ホテルにて 第3グループ国際奉仕委員 … 続きを読む

2023.08.07

野崎ガバナーエレクト来訪

8月3日の例会に、野崎ガバナーエレクトがご来訪くださいました。 左から2番目:2 … 続きを読む

2023.07.18

竜王峡キャンプ村開村式

7月14日には直方市のキャンプ村である竜王峡キャンプ村の開村式に参加し竜王神社で … 続きを読む

2023.07.18

直方市への防犯カメラ寄贈について

この度7月の12日に直方市長に防犯カメラ寄贈を行いました。 直方ロータリークラブ … 続きを読む

会長の時間

会長の時間2024年2月22日

こんにちは。来週には IM を控えて、金子ガバナー補佐エレクトはウキウキされてい … 続きを読む

会長の時間2024年2月8日

先週には68 期の理事会が開催されました何より順調に進んでいけるように心より邁進 … 続きを読む

会長の時間2024年2月1日

そろそろいろんな新年会等も落ち着いて、皆さん方も今年度に取り組みたいことや新しく … 続きを読む

会長の時間2024年1月25日

先週の新年家族会ではありがとうございました。 本当に震災や事故にあわれました皆様 … 続きを読む

会長の時間2024年1月18日

皆さんあけましておめでとうございます。 そうは申しても、未だに受け入れがたい惨状 … 続きを読む

会長の時間2024年1月11日

皆さんこんにちは 本日は、例会場を急に変更しまして、親睦員会をはじめご迷惑をおか … 続きを読む

会長の時間2023年12月21日

皆さんこんばんは本日は、クリスマス例会として開催されます。 親睦委員会の皆様、毎 … 続きを読む

会長の時間2023年12月14日

皆さんこんにちは。 師走となりました。 あっという間に今年も終わりに近づき、クラ … 続きを読む

会長の時間2023年12月7日

皆さんこんにちは先々週にはなりますが、16 日の例会の夜には第3グループの会長幹 … 続きを読む

会長の時間2023年11月30日

皆さんこんにちは会長になって折り返しまではもう少しありますが、先日のガバナー公式 … 続きを読む

会長の時間2023年11月16日

皆さんこんにちは今月はロータリー財団月間です。 この財団については委員会タイムな … 続きを読む

会長の時間2023年11月9日

皆さんこんにちは先週のガバナー公式訪問は本当に準備から設営と皆様ありがとうござい … 続きを読む

会長の時間2023年11月2日

皆さんこんにちは。 本日はガバナー公式訪問です。 吉田ガバナーをはじめ皆様ようこ … 続きを読む

会長の時間2023年10月26日

皆さんこんにちは。 先日から、ロータリークラブの奉仕とはきっかけや機会を作ること … 続きを読む

会長の時間2023年10月19日

皆さんこんにちは。 本日は岡橋ガバナー補佐にご出席を頂いております。ガバナー公式 … 続きを読む

会長の時間2023年10月12日

皆さんこんにちは先週の観月例会ではお世話になりました。 親睦委員会の皆様と一生懸 … 続きを読む

会長の時間2023年10月5日

本日は観月例会で、会場を変えての開催となります。 親睦委員会の皆様には毎度の準備 … 続きを読む

会長の時間2023年9月28日

前々回にも少しお話させていただきました、ロータリーの重点分野である基本的教育と識 … 続きを読む

会長の時間/2023年9月21日

今月はロータリーでは基本的教育と識字率向上月間とは先週お話をさせて頂きました。  … 続きを読む

会長の時間/2023年9月14日

今月はロータリーでは基本的教育と識字率向上の月間です。 世界では7億8100万人 … 続きを読む

会長の時間/2023年9月8日

皆さん、本日こそは新会員の青見君に来ていただきました。 青見君、皆さん待ち焦がれ … 続きを読む

会長の時間/2023年8月31日

先週ですが家族で久しぶりの長崎観光をまじめに行ってまいりましたが、その際に息子か … 続きを読む

会長の時間/2023年8月24日

今月も会員増強月間、真っ最中であります。 前回の会長の時間でも少し触れましたがロ … 続きを読む

会長の時間/2023年8月17日

本日は今月より、会員増強月間になります。 私はこれから新会員になられる方は勿論、 … 続きを読む

会長の時間/2023年8月3日

本日は最近多い企業のコンプライアンスに関することを少し考えてみたいと思います報道 … 続きを読む

会長の時間/2023年7月27日

7 月は母子の健康月間となっています。 2014 年のRI 理事会にて4 月をロ … 続きを読む

会長の時間/2023年7月13日

皆様いよいよ67 期が始まりました。直方ロータリークラブ67 期の会長を務めさせ … 続きを読む